リビング セルフィール施工 経過報告

住宅のリビングにセルフィール施工を行った際、どのくらいホルムアルデヒドが減少したのかを報告したいと思います。

ホルムアルデヒドは人体に悪影響を及ぼすということはご存知かと思います。

今回は、人が集まりやすい、そして滞在時間が長くなりやすいリビングにおいて、どの程度ホルムアルデヒドが減少していくのかを経過測定してみました。

リビング セルフィール施工

施工前のホルムアルデヒドの数値は「0.57」。それから10日後にはすでに当初の10分の1以下になっています。既にこの数値になってしまうと、臭いを感じなくなっています。

そこから徐々に数値が減少していき、1214日後にはほぼ計測されないほどになりました。

一般的には芳香剤や消臭剤を使用するかも知れないが

リビングで臭いが気になった場合、あなたならどうするでしょうか?

多くの方が、芳香剤や消臭剤を利用するのではないでしょうか?しかしそれらはすべて使用期限が限られています。そのため、効果が切れたら買い、効果が切れたら買うの繰り返しになってしまいます。長い目で見るとかなりのコストとなってしまいます。

余計な臭いを付けてしまう原因にもなります。

また芳香剤の場合、余計な臭いを付けてしまう原因にもなります。また、すべての人が気に入る臭いというのはなかなかないものです。1人がその臭いを気に入っていたとしても、他の人はくさいと感じてしまうということもあります。

セルフィールの場合、臭いの原因を分解してしまうので、その空間を無臭にします。無臭のため誰にでも好まれます。

また基本的に効果は半永久的ですので、消臭剤や芳香剤のように使用期限が切れたから階に行くということもありません。

1度の施工で一生涯効果を期待できるのはセルフィールの大きなメリットです。



お問い合わせはコチラから

[contact-form-7 id="107" title="ページ毎コンタクトフォーム"]

コメントを残す

このページの先頭へ